訪問看護師の給料と年収


んな事を思っていませんか?

“ 時間的に余裕のある看護の職場に環境を変えたい”

“ 職場の複雑な人間関係よりも患者さんとその家族に集中して仕事をしたい”

子育ての為に夜勤や残業の無い環境に移りたい” 

親の介護もあるので夜勤や残業の無い環境に移りたい” 

“ フルで働かなくてもいいけど今まで培った看護技術を活かしたい” 

”訪問看護に転職してみようかなと漠然と思う時がある” 

問看護師の給料を比較する場合、ただ月給だけを比べても実際のボーナスがどうなっているのかわからないと意味がありません。月給(基本給+手当)が高くてもボーナスが少ない場合、年収では低くなるようなケースもあります。もちろんボーナス計算の元となる月数は事業所の経営状態によって変動するので完全なものではありませんが、求人票に記載されている実績の月数は、その事業者の従業員(看護師)に対する姿勢も読み取る事ができ、重要な判断材料になります。
また、その職場や仕事の状況頭の中でイメージできて給料の金額以外の条件もわからないと、その金額が高いのか安いのか、その求人が自分にとって良いのか悪いのかを判断できません。具体的には、残業時間・オンコールの有無・手当の内容・常勤非常勤の構成・車通勤の条件・駐車料金・直行直帰・訪問時の移動手段・事務所の立地・年間休日数・託児所の有無や料金内容などです。

訪問看護師への転職を考える人の場合、通勤に時間をかけたくないという方が多いと思います。車で通勤した場合の駐車場の確保、マイカーを通勤と訪問の両方に使えるのか、なども気になるところだと思います。


● 訪問看護求人の基本的区分

給料を見ていく時に、まず着目しておかなければならないのが以下の条件の違いです。

【資  格】  <正看護師>   <准看護師>
正看護師と准看護師では月給の時点で20000円〜30000円のがあるところが多く、50000円差の事業所もあります。時給では100〜200円のがある事業所と正准に関しては差をつけていない事業所があります。

【勤務形態】  <常勤>   <非常勤(パート)>   
常勤、非常勤(パート)共に夜勤がないのが訪問看護の仕事の特徴です。(求人によっては夜間オンコール有)、常勤の就業時間は8:30〜17:30,や9:00〜18:00などの日勤のみで、この時間帯に4〜5件のお宅を訪問するパターンが一般的で、土日祝日休みが基本です。非常勤(パート)の勤務時間は[応相談]としている事業所が多く、勤務日数は土日祝日を除き週3日以上としている場合が一般的です。 

【給与体系】  <月給>  <月給+ボーナス>  <年俸制>  <時給>  <1訪問単位>
求人情報にボーナスについて明記されていない場合は、支給されないか慰労金のような形で小額支給されるものと考えられます。常勤でボーナスが支給される場合、年間で〔基本給×2.5〜4.5箇月〕が一般的です。月数の幅は広いので求人毎に確認する必要があり、前述したようにトータルの年収で判断すべきです。
非常勤(パート)ので時給計算の場合は1500円〜2000円/時が多く、その中でも1800円という金額がよく見られます。(首都圏)
また、非常勤(パート)の場合は訪問単位で計算される事業所もあります。(後述(例3:非常勤(パート))参照))

【経験年数】  <看護師新人>  <看護師経験者>  <訪問看護経験者>
1人で患者のお宅を訪問し看護を行なう仕事ですが、新卒の看護師を受け付けている事業所もあります。この場合、入所後の教育体制を充実させ、初めの一定期間に先輩と2名体制で訪問するなどの措置をとっています。

【事業所の概要】  @病院に併設された訪問看護ST、 A複数の医療事業を行なう事業者の訪問看護ST、  B単独の訪問看護ST   
@,AはBよりも資本・訪問先の確保・医師との連携・託児施設・人員の配置などに関して安定しているといえるでしょう。

【移動手段】  訪問看護の移動手段としては、看護師自身車を運転して移動する形がほとんどです。求人の「応募資格」に「自動車運転免許」を挙げている事業者が多いです。でも中には移動距離2〜3kmとして「自転車」を利用しているところや「電動自転車貸与」としているところもあります。バスなど公共交通機関を利用する事業所もあります。また「移動は運転手が行います」として別途運転アルバイトを雇っているところもありますが、ごく少数です。

【オンコール】  常勤の場合、夜間・休日のオンコール対応が必須の職場がありますが、事業所自体がオンコール非対応のところもあります。


上記の各条件により、給与水準働き易さなどに違いが出てきます。





都圏のある県の訪問看護を行なっている病院や施設を例にあげながら、実際の訪問看護の給料を検証します。


● (例1:常勤及び非常勤(パート)) 複数の事業所を展開する訪問看護ST

県内で医療介護関連事業所を多数運営する企業の訪問看護STを紹介します。【正看護師】【常勤】で【看護師5年目】の場合、月給:281,000円(基本給250,000+職務給+調整給)、年収4,497,000円(賞与4.5ヶ月分含む)です。【勤務条件】は【日勤8:30〜17:40(8時間勤務) (夜間オンコール有り) 年間休日107日 車通勤可(駐車場代約5000円/月)】で【移動】は(運転免許必須)で【託児所有り】です。

また、同STの非常勤(パート)の時給は看護師1,950円〜看護師1,750円〜です。


● (例2:常勤) 複数の事業所を展開する訪問看護ST

こちらは年俸制の事業所です。年俸なので「ボーナス」という概念は無く、年収を12で割り算したものが月収です。ここで紹介するのは、クリニックなど10箇所以上を経営する医療法人が運営する訪問看護ステーションで、常勤看護師は3名です。
【正看護師】【常勤】で、年棒4,742,400円〜5,280,000円で月額は395,200円〜440,000円です。年俸制なので年収の下限や上限をそれぞれ12で割ると、きっちりそれぞれの月額になります。こちらの【勤務条件】は【日勤9:00〜17:00 (オンコール有り) 年間休日126日 車通勤可】です。ボーナスなしとはいえ日勤だけで月給39万円以上、年収470万円以上はもらえるということで、これは魅力だと思います。さらにこの事業所の場合、自分の所有している自家用車を会社に借り上げてもらうことが可能で、税金だけ払えばタイヤ交換やメンテナンスなども会社負担です。年俸制なので時間管理能力も求められる職場だと思います。
    

づいて、非常勤(パート)の給料です。

● (例3:非常勤(パート)) 病院併設の訪問看護ST

200床2次救急病院に併設された訪問看護STで、訪問看護師は常勤1名非常勤6名です。日勤(9:00-17:00)のみで、【正看護師】【非常勤(パート)】で、給与は時給計算ではなく90分訪問5000円/件60分訪問3000円/件30分訪問2000円/件となっています。また、こちらの【移動手段】は車ではなく、自転車・電車・バス等です。 【オンコール無し】【年間休日:125日】【車通勤可】【託児所有り】です。60分訪問の場合、前後の移動時間合計を45分とすると3000円÷105分×60分=1714円/時となります。90分訪問だともっと効率的になり、時給換算2857円/時となります。2857円は相場よりもかなり高い金額なので、実際の移動時間等はどうなのか気になりますね。かわりに30分訪問・長距離移動などの条件の訪問先も同じ看護師が抱えているのかもしれません。こちらのように車や自転車ではなく公共交通機関を利用する場合、待ち時間もあるので移動時間がもっと多くかかる訪問先もあるかもしれません。





訪問看護への転職を考えている方へ・・・・・


くつか具体例を示しましたが、それぞれに、まだイメージできない部分もあると思います。

それは上記の3例は実際にある求人ですが、読んだだけではまだ"紙上の話"だからです。

求人内容を見ていて、"この点についてもっと詳しく知りたい" と思ったかもしれません。

実際の訪問の移動時間・託児所の費用・手当などの詳細を電話で問い合わせても、"詳細は面談時に"という事で簡単に得られる情報は限られた内容になるでしょう。

書面や直接出向いて問合わせるのも、初期の段階では現実的ではありません。より深い具体的な求人情報を引き出して遠慮なく比較検討するには、無料の看護師転職サービスを受けるのもひとつの方法です。

看護師転職サービスに無料登録すると、医療業界に精通したキャリアコンサルタント1名が

あなたのアドバイザーとなり、求人内容の疑問点だけでなく実際の職場の雰囲気などもあなたに伝えてくれます。

無料登録したからといって、提供された求人案件のどれかに必ず応募しなければならないという縛りはありません。 並行して自分でも探して、結果的にそちらに決めたというケースもあります。

また、2〜3社の看護師転職サービスに無料登録して並行して進める方法も有効です。会社によって提供できる求人案件が異なるのと、人間ですからキャリアコンサルタントとの相性も少なからずあるからです。

紙上の求人条件を見て、考える材料が少ない中で時間が過ぎるよりも、自分に必要な情報を看護師転職サービスを通して集めてから考える方がベターです。

多くの看護師転職をサポートしてきたその道のプロ自分の悩みや希望を話して、それを解決できる転職先を複数提示してもらうのです。

無料登録して得られるメリットは、転職のプロからのアドバイスを受けられるというだけではありません。

一般には(求人広告やサイト上)で非公開となっている求人を紹介してもらえるのです。

最近では、"条件の良い求人非公開"、というのが看護師転職の

常識となっているのです。






うして非公開で募集するの?

・条件の良い求人情報は応募が殺到してしまうからです。
      
求人側が求める理想の看護師については、性別・年代・性格・スキルなど一口では表現しにくい要素もありますが、好条件を目当てに条件に合わない求職者までが多数応募して来られても意味がありません。そのため、キャリアアドバイザーが直接対面して予め把握している求職者のきめ細かい情報を元に、登録者の中から最適の人に最適な職場を紹介しているのです。 

・長いスパンで求職者を探すことができるからです。
      
例えば、ある病院で数ヶ月後に辞める意思を示している看護師がいた場合、病院側が看護師転職サービスにこのような案件を預けておけば、会員の中から、数ヶ月後の転職を考えている様な潜在的な転職希望者も含め、最適な人にこの職場を紹介する事ができます。

・現在働いている職員(看護師)への、求人広告による憶測混乱を避ける為です。




おすすめ看護師転職サービスです


ナースではたらこ
       

       ● もれなく最大10万円支援金(ハッピーボーナス)がもらえます。



看護のお仕事

       
       ● 迅速な対応には定評があります。最大5万円支援金もあります。




ナース人材バンク


       ● 日本最大級の看護師転職サービスで、多くの求人案件を扱って
                 います。



ナースのe-お仕事

       
       ● 栃木県・群馬県・茨城県の3県地域密着型。他では見つからない
                こだわり条件の求人が見つかります。



FX